Akiko Tsuruga Quartet

Profile

Akiko Tsuruga – Jazz Organist
Organist Akiko Tsuruga is an accomplished composer and extraordinary performer who has received high accolades from saxophonist Lou Donaldson, calling her “The Queen of the Organ”. Organist Dr. Lonnie Smith says “Akiko’s playing is like watching a flower blooming and a bird spreading her wings in the music world. Akiko is here to stay.” Tsuruga’s playing complements fellow musicians on stage to sound as good as possible, sharing a common joy, and intensely positive energy for great musical experiences. Akiko’s style is light and can shift from playing funky boogaloo to be-bop to blues. Tsuruga has played in Lou Donaldson’s band since 2007 at New York’s Carnegie Hall, The Village Vanguard, and Dizzy’ Club. Akiko began playing the organ at the age of 3 and includes organists Jimmy Smith, Brother Jack McDuff, Charles Earland, Jimmy McGriff, and her mentor and teacher, Dr. Lonnie Smith as influences.
Tsuruga has 10 recordings as a leader and ranks as one of today’s top organists.
Tsuruga is selected 2020 Downbeat Magazine Critics Poll Rising Star Organ. She is the real deal.

敦賀明子/Akiko Tsuruga(ジャズオルガン)
「アキコの演奏はまるで花が綺麗に咲き、鳥が羽を広げて音楽の世界に導いてくれるようだ。アメリカですばらしい成長を遂げた、日本が世界に誇る音楽家である。」
ドクター・ロニー・スミス
兵庫県尼崎市出身。クリスチャンの両親の影響で子供の頃から教会音楽に触れる。関西一円で活動の後、2001年より活動の拠点をニューヨークに移し、ハーレムの老舗ジャズクラブ「Showman’s」を皮切りに演奏活動を始める。独自の音楽性を認められ、アルト・サクソホーンの巨匠、ルー・ドナルドソンのオルガニストに抜擢され、ステージ上では「Queen of the Organ」の名を持つ。2007年スイングジャーナル新人賞、2017年米国ホット・ハウス・マガジン、ベストオルガニスト、2020年には日本人としては初の、米国ダウンビート誌クリティックス・ポール・オルガン部門ライジングスター賞を受賞。現在までに日米通算12枚アルバムをリリースしており、最新作「Equal Time(イコールタイム)」は米ジャズチャート5位。日本人離れしたリズム感に加え、ニューヨークの一流ミュージシャンとの共演で培われたパワフルでファンキーな演奏でアメリカのジャズ・シーンを邁進中。今、ニューヨークで最も注目されているオルガニスト。
「アキコの演奏はまるで花が綺麗に咲き、鳥が羽を広げて音楽の世界に導いてくれるようだ。アメリカですばらしい成長を遂げた、日本が世界に誇る音楽家である。」
ドクター・ロニー・スミス

Website

https://www.akikojazz.com/

出演

AUGUST 1st SUN
5:00 pm - 8:00 pm